恐らく日本で一番詳細で熱い(当社比)、「香川県ゲーム規制」への批判

スポンサーリンク

ごきげんよう、古川だ。

現在、香川県にてこのような条例の施行が検討されている。

「ゲームは1日60分規制」

である。

なんでも、「ゲームやスマホは勉強時間や健康に悪影響を与えるため、子供のゲームやスマホの利用時間を減らし、睡眠時間の確保のために夜間の利用を制限する。そしてこれらは親の責務とする…」

ことを趣旨として条例を制定したいらしい。

わたしはこの条例案は、極めて不快で絶対に行うべきではないと考えている。

というか あ ほ く さと思ってる。やめたら?県議員。

(なお私は一応法学部出で現在も法律職についているので、ある程度は法律の知識がある!…といいなぁと思っている)

概要

さて、概要の詳細を紹介しよう。

香川県議会HPより。

香川県

NHK香川県より。

エラー|NHKオンライン

おぎの稔議員のHPより。

香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)(素案) | おぎの稔(荻野稔) | 大田区議会議員(無所属) 公式サイト

要約すると、

 

・ゲームやインターネットは人格形成に悪影響を及ぼすので規制すべき

・利用時間を制限すべき(60分とか90分くらい)

・ゲームやネットを規制すれば家族の愛も育まれ、空いた時間で勉強もできるから皆ハッピー!

・(なお科学的根拠はない)

 

ということである。

こちらの「ゲームスマホ規制条約」は現在県議会内の検討委員会内部での話である。

そのためこれから内容がブラッシュアップされ、今話しているものとは全く異なるものになる可能性もわずかにある。微レ存!

今回の条例の問題点

今回の条例において問題だと思う点をあげてみた。

 

・科学的根拠がない

・本来行政で済む話を立法で行おうとしている

・時代に逆行している

ことなどが挙げられる。

ゲームのやりすぎ注意!はいいけれど。

依存症とは「それにのめり込み、私生活に著しい支障を及ぼす状態」を言う。

何事も依存は良くない。

国や自治体は「依存症を発症した者」に適切な処置を施すように医療や法律(広義)を整備しなければならない。

それはアルコールもタバコも、ゲームも、ネットも、読書仕事勉強もそうだ。

何度も言うが、「依存症になった者」に対して適切な処置を施すことは何ら問題ではない。

 

今回の条例の問題は最初から「ゲームを規制すべき」としていることだ。

他の例で言うなら、

仕事のし過ぎは仕事依存症を生む!故に仕事を規制しよう!!!(ありがたい)

受験は家族の愛を阻害し、健康を害するかもしれない。故に受験勉強の時間を1日1時間にしよう!!!

みたいな感じだ。

しかしそんな規制をしようとはならない。

つまり端っから「ゲームやインターネット=悪」という先入観があるのだろう。

規制の根拠に科学的な裏付けがない

さて、以下から細かく条例を批判していこう。

条例の素案については、先述したおぎの稔氏のHPから参照願いたい。

まず、皆さんに念頭に置いてもらいたいのは、何らかの規制を行うには科学的根拠が必要であるということだ。

条例素案の

「(略)働きが弱い子どもが依存症状態になると、大人の薬物依存と同様に抜け出すことが困難になることが指摘されている。

この、「指摘されている」という点。

一体誰が、どのような場で、指摘したのか全く具体的でない。もしこれが、

「医学会で発表されている」であれば根拠として重いが、ただ「指摘されている」wwwwwwww

また、

加えて、子どものネット・ゲーム依存症対策においては、親子の信頼関係が形成される乳幼児期のみならず、子ども時代が愛情豊かに見守れることで、愛着が安定し、子どもの安心感や自己肯定感を高めることが重要」とあるが

ネットやゲームの依存症対策を行うことで子供時代が愛情豊かに見守れ、愛着が安定するその根拠は?

素案以外の各種報道などをみたが、全く根拠不十分だ。(こういった根拠不十分な素案や施行の趣旨文はたくさんあるけど)

 

社会全体で子どもがその成長段階において何事にも積極的にチャレンジし、活動の範囲を広げていけるようにネット・ゲーム依存症対策に取り組んでいかなければならない。

子供がEスポーツにチャレンジするのを妨げてますが、それは?

 

ゲームやネットの時間規制

⑵ 保護者は、前項の場合においては、子どもが睡眠時間を確保し、規則正しい生活習慣を身に付けられるよう、子どものネット依存症につながるようなスマートフォン等の使用に当たっては、1日当たりの使用時間が60分まで(学校の休業日にあっては、90分まで)の時間を上限とするとともに、義務教育修了前の子どもについては午後9時までに、それ以外の子どもについては午後10までに使用をやめるルールを遵守させるものとする

はい、でました。

ゲームの時間規制~~~~!!!

これこそ、1日60分にすることで依存症を防げる科学的根拠を伺いたいが、そんなものはどこにもなかった。

余談だが、「やめるルールを遵守させるものとする」って、いかにも(意味深)な文章だなぁと感じた。

ルールというなら「ルールの定義」が必要だしね。

書くなら「~をやめるよう家庭で話し合うものとする」とかにすべきか。これも法律的ではないな。

いずれにせよ、条例で定める必要ねーじゃんと思う。

条例でやる必要あります? 立法なめてません?

次に考えるのが「そもそも条例で行う必要があるのか?」ということだ。

恐らく本条例はゲームやネットを1日1時間超えたら罰金!!のような罰則規定は設けられない。

であれば、この条例はただの家庭での努力義務を述べたものであり、実行力は皆無に等しい。

だったら別に教育委員会や保健機関が「ネット、ゲーム依存症を防ぐための講習会を行う」などで事足りる。

行政で済む話をわざわざ立法府で解決させようとしている感が否めない。

立法なめてませんか?

もっと他にやることあんだろ。

財政とか財政とか財政とか。

超絶に時代に逆行してて逆に草不可避

というかゲームやネットを規制するとか、マジで時代に逆行してて爆笑した。

今、時代はEスポーツが新しい分野として開拓されつつある。

日本では懸賞金が出るEスポーツの大会は開催できないが、これからその規制も解除されていく流れになるだろう。

また、これからは「ネット=悪」ではなく、「いかにネットを使いこなすか」、ネットリテラシーや基礎的なIT技術を取得することが最重要になる。

ゲームやネットの時間規制~~なんてあまりにもレベルの低い話で失笑ものである。一体、何十年前の井戸端会議なのか。

 

むしろ香川県などの地方自治体が行うべきことは、

特区制度などを活用して全国に先駆けた

「無制限懸賞金付きEスポーツ大会の開催」や

「ネットリテラシーやIT技術を重要視した新しい教育」

を行うべきだと思う。

 

他にも言いたいことが沢山あるが、また今度記事にしたいと思う。

長文失礼しました。

コメント