高校で引きこもりになり、人生詰んだ、終わったと思ってる君へ。

スポンサーリンク

こんにちは、家庭教師の古川です。

以前も言いましたが、私はもう7年ほど塾講師や家庭教師をやっています。
現在では副業ですが、週に二度、家庭教師として高校生に勉強を教えています。

私事ですが、私が一方的に愛してやまない元教え子(女子高生)が部活などでひどい目に逢い、若干不登校気味になったと聞き、ロリコンの私としてはもう居ても立っても居られないような心地でした。

今では普通に学校に通い、部活ではなくバイトを始めたそうで本当に安心しています。

さて、今日はそんな私の元教え子のように「引きこもりになった、やべぇ人生詰んだわ」と思っている方に、「引きこもりも考えようによってはビッグチャンスである。今すぐ行動しろ!」という話をしようと思います。

怒れ、そして行動せよ

引きこもりには二種類いると思います。
一つはただただ怠けたいから学校に行かない奴。
もう一つは、人間関係などに問題があり、行けなくなった奴。

怠けたい奴!僕は君の気持ちがよくわかるぞ!!!!!
私も超怠け者なので、早く不労所得で生活できるように今くっそ頑張ってます。ともに頑張ろう。
だが、今回のテーマはそうじゃぁない。今日は双葉杏を語る会ではない。

今回は人間関係に問題が生じ、学校にいけなくなった君の話をします。
そしてそれが、いじめだったり、先生などとのイザコザだと最高ですね。

大前提として他人を不登校にさせるくらいの言動や環境ははっきり言って異常です。
あなたにとってそれはもはや敵地であり、早急にその場から離脱しましょう。

そして敵に対して怒りと、憎悪と、絶対に将来見下してやる!という確固たる意思を持ちましょう。
あなたをこんな状況に貶めた連中を跪かせ、高らかに笑い飛ばしたい!!とマインドコントロールをしましょう。
変わりたい!と心から、強く思うほどよろしい。畑亜貴もそう言っています。

しかし、そうは言っても今のままでは相手の鼻を明かすどころではありません。むしろ笑われています。

ではどうやって憎き奴らを地にひれ伏させることが出来るのか。

答えは簡単です。

圧倒的なまでの結果の差を見せつければよいのです。
具体的には、大学受験で彼らより偏差値が高い大学に合格すればよいのです。それも圧倒的に。

人間は結果でしか動きません。そして日本社会は数字と権威にべらぼうに弱いです。

部活に明け暮れて適当な進路を選んだ連中を尻目に卒業式で「自分、東大文科2類に進学することになりましたwwwwwwいやぁみなさんのおかげでしたwwwww」と言ったらどうなりますかね?

連中歯ぎしりで夜も眠れなくなるんじゃないっすかwwwww
くっそ性格が捻くれてるように見えますが、そのとおりです。
そして私も超絶捻くれているので、これ、やりましたwwwwww(大学は違うけど)

超スカッとしますよ。おすすめです。

ただ、そのためには滅茶苦茶な努力が必要です。

今すぐ行動に移しましょう!!

そして怒りを忘れないようにしましょう!!

成功するには時間が必要である

何事も大成するには時間が必要です。

というか暇がある奴が最後は勝ちます。

一部の超天才は一瞬で本質とコツを見抜き、パパっとこなしてしまいますが、凡人たる我らは徹底的に量をこなすしかありません。

勉強は量より質です。ある程度の量をこなして初めて質を説くことが出来ます。

その点「人生は詰んだが、時間なら有り余っているぞ!」という引きこもりは無敵です。

その時間を勉強に費やし、勝ちに行きましょう!!!

学校に行っていると意外と勉強は出来ないものです。

授業なんて所詮は教科書をなぞってるだけだし、勉強時間を割く課外活動、必要以上の友人関係、ガチ目の運動部なんて入ったらもう勉強どころじゃないですね。

周りが「俺ら青春!いぇい!」とか抜かしている間に単語帳を開きましょう。

周りの言葉に惑わされるな。自分を持て。

さて、引きこもりをしていると、どうしても「あの子は…」「落ちたなぁ」等と言われることもあります。

そういう連中には、言わせておけばよし。

あとで見返すリストにぶちこんでやりましょう。

親になにか言われたら、模試の結果を見せ付けてやりましょう。(もちろん良い結果をですよ…?)

3年後に成功していればよいのです。

モチベーションが下がったときは?

どんなに怒りを持っていてもモチベーションが下がるときがあります。

そんなときは、「ここで結果を出せなかったら一生クズのまま。死んだも同然」と。

正直、引きこもって何もしない奴はクズです。人間として終わっています。

ここで勉強を手放したら、もう終わるので、とにかく今は単語帳を開きまs(以下略)

番外編 別に勉強でなくてもいい。

ここまで勉強の話をしてきましたが、究極、努力をするのは別に勉強でなくてもいいのです。

人生詰んだ!人生オワタ!もうこれしかねぇ!!!死ぬ気でやるぞ!!!と覚悟を決めて努力が出来るのなら、どんなものでも大体成功すると思います。

興味のある分野極める…例えば、絵や音楽などの美術活動を集中して行うのもいいかもしれません。

私だったらプログラミングか英語を極めようと思いますね。

人生は長い。だが始めが肝心。

人生は長いです。今は人生80歳、恐らく我々の世代では90歳は当たり前の時代になってくるでしょう。

そう考えると、10代なんてスタートしたばっかです。

ですが、このスタートをどう切るかでその後の人生がほぼ決まると言ってもいいでしょう。

やり直そうと思うとかなり体力も時間も使います。

それだったら始めっからトップスピードでぶっ飛んでいくのがよろしい。

高校で引きこもったくらいじゃ死にません。でも死ぬ気で頑張りましょう。

そうすれば新しい世界が見えてくるんじゃないかなと思います。

僕も頑張ってまいります。共に頑張りましょう。

では〜。

コメント