なんで学生は勉強をしないといけないのか!

スポンサーリンク

こんにちは、家庭教師の古川です。

突然ですが、みんななぜ勉強をするのでしょうか。

よく「学生の本分は学業だ!」と言われますが、高校までほぼ自動的に進学でき、大学さえも全入時代と言われ、様々な価値観や職、生き方が存在する現代において、それは「本分は学業!勉強だけやればよい!!」は不適格のように思えます。

そもそも多くの人にとって勉強した内容は直接的には役に立ちません。皆さん、最近縄文土器と弥生土器と須恵器の違いを生活に役立てましたか?僕はありません。

塾講師や家庭教師をしているとたまに「これをやって将来なんの役に立つの?」と質問を受けることがあります。

勉強が出来ない子はともかく、かなり勉強が出来る自頭がいい子こそ、こういった疑問を持つことが多いように思えます。

今日は「なぜ勉強をするのか、本当にしなければいけないの?」ということについて僕の

考えをお話したいと思います。

結論:別に勉強でなくても良い

いきなり結論を書きますが、別に勉強をやる必要はないです。
正確には、「勉強以外で努力できるものがあるなら、無理して勉強をする必要はない」です。

例えば、プロ野球選手を目指して滅茶苦茶練習をし、イチロー選手みたいになれるなら、そこまで勉強ができなくてもよいのです。
高校生時代のイチローや松坂大輔に「東大生と同じくらい勉強しろ!」っていいますか?言いませんよね。というかもったいなさ過ぎます。

ある一つのことに圧倒的に努力をし、成功が見込めるのであれば、それ一本に集中して取り組むべきです。
つまり「他に努力が出来るなら!勉強にこだわる必要はない」のです。

ではなぜ勉強をしないといけないのか?

とはいえ、僕は多くの生徒に「勉強をしなさい」といいます。
それはなぜか。

理由は簡単。「多くの人間が、自分の将来像なんて見えていないから」です。

小さいときからプロ野球選手になる!と決めて、そこに人生をかけて猛烈に頑張れる人間が果たしてどれくらいいるでしょうか。

基本的に我々は与えられた環境に満足し、流されるままに生きています。人生をかけて努力をするなんて普通は出来ません。

大多数が「自分は何がしたいのか、なにが自分の道かわからない」ので、とりあえず国や社会は、
「わかったわ、んじゃ、とりあえず勉強って題材と学校という専門機関を用意したからこれ頑張ってな。これを一生懸命やればなんとかなるから」

というノリで与えるのが勉強です。

究極、今の日本では勉強が出来れば大体の職業につくことは出来ますからね。

テストは納期である

学校は社会の縮図とも言われます。

非常に言い得て妙だなと感心します。

例えば、定期テスト。

一般社会には締切や納期がありますが、定期テストは納期そのものです。
「いつまでに、どれくらいの練度で、どれくらいの努力で、この課題をこなすことが出来るか」

まさに納期そのものです。

そしてその結果が点数として現れる。

非常にわかりやすく、努力の練習になります。

ぜひ自分の将来のために定期テストをこなしましょう。

とにかく勉強がしたくない君へ

わかる。僕も勉強したくなかった…。

今では勉強の楽しさもわかりますが、高校のときは本当に勉強が嫌いでした。

勉強が習慣化し、やらなきゃ死ぬと思っていたので勉強をしていました。

なので、勉強をしたくない子の気持ちは非常によくわかりますし、そもそも「勉強に向いていない子」もいるでしょう。僕もそうです。

そういう子は自分のやりたいことを極めましょう。そしてそこで生きていく覚悟を決めましょう。

僕の友人はギターが好きすぎるあまり、ギターのデザイナーになりました。
そいつは高校のときからデザインを勉強し、工房に通いつめ、専門的に学ぶために
デザイン系の大学に進学することを決意。苦手な数学を猛勉強し大学に合格していました。自分の夢を達成するためならあらゆる努力を怠らなかったそうです。

あれ?結局勉強してね?wwww

ちなみに今僕が高校生になったら、ひたすら英語と数学とプログラミングを勉強します。

まとめ やることがなきゃ勉強してればよし。

まとめですが、とにかく自分の将来が明確に見えず、特にやりたいこともないのなら、取り敢えず勉強をしましょう。将来なんてものは行動してから決まっていくものです。

逆に将来像が明確に見えており、そこに絶対の努力をしている方。

あなたはもはや勉強をする必要はありません。その努力を続けてください。
とどのつまり、なにかに努力しましょうってことです。

では教科書を開いてください。

コメント