[速報]韓国が日韓間のGSOMIA破棄!概要と影響説明

スポンサーリンク

ごきげんよう、古川だ。

先程、韓国がGSOMIAの延長を破棄を決定したと発表した。

今回は急遽、GSOMIAの概要と、破棄された際の影響を考察したい。

GSOMIAとは

GSOMIAとは、軍事情報包括的保護協定という。

これは、国家間に於いて軍事情報の共有と漏洩の防止を行う2国間条約である。

つまり、「あなたと私は仲がいいから、情報を共有しましょ。でも他の人にバラしたらだめよ」という条約だ。

日韓間では、2016年の11月に結んだ。

日韓間のGSOMIAは1年ごとに延長が検討され、どちらか一方が破棄を提示することで、破棄がなりたつ。

考えられる影響

法律的に見ると、GSOMIAは協定であって、同盟ではない。

同盟とは、共通の敵に対峙することを書面で結ぶことをいい、

協定(協商)とは、行政上のやり取りを結ぶことを言う。

そのため、GSOMIA破棄は同盟破棄!!とは法律上ならない。

が、日本は軍事同盟をアメリカとしか結んでいない(事実上結べない)ので、その意味ではGSOMIAを破棄することは、日本との軍事同盟を破棄することに近い意味合いを持つ。

 

実務上はどうだろうか。

先程述べたとおり、GSOMIAは2国間の条約だ。

そのため、韓国はアメリカとGSOMIAを結び、

同じく、日本もアメリカとGSOMIAを結んでいる。

そのため、アメリカを経由すれば情報の共有は行えるため、実務上はそこまで大きな問題はないだろうと考えられる。

しかしながら、先述したとおり、日本においては韓国が軍事同盟を破棄したことに類似する意味をもつため、自衛隊と韓国軍の関係は表面上悪化するだろうと考えられる。

(陸自幹部候補生学校では、毎年11月に韓国陸軍士官学校に研修に行くが、今年も継続されるのかなぁと個人的に興味深い問題である)

 

また、アメリカからすれば韓国に延長を要請したのにも関わらず破棄されたことになるため、

韓国にメンツを潰された形になる。

むしろ韓国側が大変になるのではなかろうか……。

大丈夫なのか?ムンジェイン大統領……。

 

あと、ホワイト国認定の除外と、軍事条約の破棄は重みもカテゴリーも違いすぎるので、その意味でも大問題である。

まとめ

まとめとして

実務上には影響はないだろうが、軍事条約の破棄という状態であるため、自衛隊と韓国軍の相互関係は大きく揺らぐことになるだろう。

続報が来次第、またご報告をする…。

(本当は23日発表とのことだったんだけどなぁ。というか今朝の朝鮮日報では延長決定ってなってたのになぁ…)

コメント