【速報】阿蘇山噴火 近隣の方は注意を!!

スポンサーリンク

速報記事です。

4月16日、6時28分頃、熊本県の阿蘇山にて噴火が発生しました。

詳しいことは調査中とのことですが、近隣の方は火山灰等に注意して下さい、とのことです。

この記事は状況が分かり次第随時更新していきます。

最新の状況(4月16日 19時20分現在)

現在の状況は、NHKによると、

・ごく小規模な噴火であり、被害はない

・空港は今までどおり運営されている

とのことです。

熊本の阿蘇山が噴火 気象庁が噴火速報(写真=共同)
気象庁によると、16日午後6時28分ごろ、熊本県・阿蘇山の中岳第1火口でごく小規模な噴火が発生した。おおむね1キロメートルの範囲で、噴火に伴い飛散する大きな噴石や火砕流に注意するよう呼びかけている。

また、気象庁はまだHPの更新などはしていません。

気象庁 | 噴火警報・予報

これから正式な発表、記者会見などがあるものと思われます。

4月16日19時15分頃の状況。

また、阿蘇市のHP阿蘇山に関する公式情報はこちらです。

阿蘇火山火口規制情報
阿蘇火山火口規制情報

政府、地方自治体の公式発表をもとに行動をされるようにしてください。

 

ライブカメラはこちらです。

YouTube

14日の警戒レベル2への引き上げ

気象庁は4月14日にすでに噴火警戒レベルを2に引き上げていました。

阿蘇山の噴火警戒レベル、2に引き上げ 火山性微動の振幅やや大きく - 毎日新聞
 気象庁は14日、阿蘇山(熊本県)の噴火警戒レベルを1から2の「火口周辺規制」へ引き上げた。  同庁によると、同日午後1時半ごろから火山性微動の振幅がやや大きくなっており、13日に実施した現地調査でも火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日当たり2100トンと多い状態となっている。このため、中岳第1火口

どうやら火山ガスなどの排出量が多かったための引き上げだそうです。

先述しましたが、気象庁の噴火警戒レベルは以下で確認できます。

気象庁 | 噴火警報・予報

規模は軽微。被害なし。だが油断は禁物。

4月16日19時現在、規模は軽微であり、警察発表では被害はないとのこと。

しかし、この噴火が今後どのようになるのかは不明ですので、近隣にいらっしゃる方はくれぐれもお気をつけ下さい。

また新しい情報が入り次第、まとめたいと思います。

コメント