[シャニマス] シャニマス講座 入門編 ~シャニマスってどんなゲーム?~

スポンサーリンク

ごきげんよう、古川だ。

今回からシャニマスの進め方を簡単に紹介する「シャニマス講座」を書いていきたいと思う。

といっても私自身、LV5と6を行ったり来たりしているので、そこまで大層な記事はかけないので、あくまでも入門や基礎をご紹介したい。

 

今回は入門編①ということで、「シャニマスの概要と進め方」を説明する。

具体的なアイドルの名前やユニットの紹介は次回以降の予定だ。

よろしくお願いします(ノ)・ω・(ヾ)

そもそもシャニマスとは…?

そもそもアイドルマスターシャイニーカラーズ、通称シャニマスとはなんだろうか。

これは「バンダイナムコとenzaが新しく作った基本無料のアイドル育成ゲーム」である。

育成ゲームなので、デレステやミリシタのような音ゲーではない。

舞台は283プロダクションという新興アイドル事務所であり、ここに所属するアイドルたちをプロをプロデュースすることになる。

 

シャニマスのアイドルは19人5ユニット!!

シャニマスはそれまでのアイマスと比べて、ユニットを大事にするのを特徴としている。

ユニットは、

・イルミネーションスターズ(3人ユニット)

・アンティーカ(5人)

・放課後クライマックスガールズ(5人)

・アルストロメリア(5人)

・ストレイライト(3人)(2019年3月より新規参加!!)

となっている。

それぞれの詳しい特徴などはまた後日ご紹介したい。

公式情報は下記参照

アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス) | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
enza対応ゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)」バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

シャニマスでよく使われる単語

シャニマスでは、翼や輝きに関する用語が頻繁に使われる。

例えば283プロダクションは翼だし、アイドルたちは「Wander Idol Nova Granprix」通称WINGに出場することになる。

また、412(シャイニー)も語呂的によく使われるので、こうしたシャニマス用語を知っておくと理解がしやすいだろう。

用語集 - シャニマス攻略 Wiki*

対応機種とプレイの準備

シャニマスをプレイする前にenzaアカウントを作成する必要がある。

アカウントを作ることでゲームの同期やプレイ状態を自動保存することが可能になる。

 

さて、シャニマスは、ウェブブラウザー版アプリ版が存在する。

ブラウザー版はGoogleChromeやIEなどでプレイが可能であり、

アプリ版は、アンドロイド端末やiphoneでダウンロードをしてプレイをすることができる。

それぞれ、enzaアカウントでログインをすればデータの共有が可能だ。(課金要素はデータ共有が出来ない)

ブラウザー版ではパソコンでもプレイが可能であるため、基本的にブラウザー版を使用することをおすすめする。

(課金要素の一部はアプリ版では出来ないこともあるため、アプリ版でプレイする意味があまりないように思う)

ブラウザ版のURLは以下を参照してほしい。

アイドルマスター シャイニーカラーズ

シャニマスの基本的な進め方

それでは準備ができたところでシャニマスの基本的な進め方について説明しよう。

シャニマスは「アイドルを育成し、育成したアイドルたちでフェスを行い、全国のプロデューサーと競い合う」ゲームであり、

アイドルを育成するプロデュースというモードと

プロデュースで育成したアイドルを全国のプロデューサーと競い合うフェスというモード

がある。

フェスに参加するためには、アイドルを5人育成する必要があるので、初めはプロデュースを中心に行うことになる。

 

プロデュースの概要

プロデュースタブを開くと、WINGかファン感謝祭かを選択できる。

WINGパートでは、アイドルをプロデュースして能力を上げ、WINGと呼ばれるアイドルの祭典に優勝することを目的とするパートである。

ファン感謝祭パートは、アイドル達がファンへの感謝のライブを行うというストーリーでアイドルたちを育成するパートである。

ファン感謝祭は特殊な進め方であるため、基本的にはWINGをプレイすることになる。

WINGでは、プロデュースするアイドル1人と、それをサポートアイドル5人の計6人の編成でプレイが開始される。

(ユニットの編成画面)

 

(プロデュースモードのプレイ画面。お触りは程々に。)

 

詳しい進め方などはまた後日ご紹介する。

アイドルのカードには2種類いる

アイドルは19人いるが、それぞれに「プロデュース(以下P)」と「サポート(以下S)」の2種類のカードが存在している。

Pカードは、「プロデュースモード」で実際にプロデュースするアイドルで、

Sカードは、Pカードをサポートするカードである。

下の写真でいうと、左端のアイドルがPカードで、残りの5人がSカードということだ。

Pカード、Sカード、それぞれにRやSR、SSRといったレアリティが存在し、同じカードを集めて特訓(合成)すると能力が開放され、強力になる。(上限4枚)

スクショの各アイドルに星マークが付いているが、それが合成させた回数である。

アイドルの能力はVocal Dance Visualの3種類!(あとメンタル)

プロデュースを行う際に重要となるのが、どの能力を向上させるか、である。

アイドルにはVocal、Dance、Visualの3つの能力がある。

これらの能力をレッスンで向上させるのだ。

育てたアイドルを編成してフェスへ!!

プロデュースモードでアイドルを5人育てたら早速フェスモードをプレイしよう!
(同じアイドルを編成できないため、異なるアイドルを5人育てる必要になる)

フェスの画面はこんな感じ。

フェスユニット編成で、育てたアイドルを編成し、フェスに参加で得点を競う。

フェスにも、グレードフェスとフェスリハーサルの2種類がある。

グレードフェスは全国のプロデューサーと得点を競い合うモードで、これによってスコアが上昇し、レベルアップを目指す。

フェスリハーサルは、コンピューターと対決するモードで、イベントなどで必要になる。イベントで必要がないときはあまりプレイをしない。

こちらも後日詳しいことをご紹介したいと思う。

気になる課金要素

シャニマスは基本プレイ無料だ。

SSR確定チケットや、1日1回90ジュエルで引けるガシャなどは、有償である。

 

だがしかし。

他のゲームに比べ、シャニマスは無料ジュエルを豊富にもらうことができる。

具体的には、ログインボーナスと、デイリーミッションとウィークリーミッションをクリアすることで、

最低週5000個以上のジュエルを獲得できる。

さらに、プロデュースアイドルのトゥルーエンドを見ることで、SRで3000個、SSRで6000個のジュエルを獲得できる(1カード1度のみ)

そのため、コツコツプレイすることで、無課金でも十分強くなれるのだ!!!

まとめ

簡単だが、シャニマスについてご紹介させて頂いた。

詳しい攻略などはまた後日記事にする予定だ。

是非ご覧いただければ幸いである。

余談 シャニマス公式ラジオ 「はばたきラジオステーション」

シャニマスでは公式ラジオ「はばたきラジオステーション」を毎週火曜日に放送している。

これはユニットが週替りで放送し、様々な企画をアイドルの声優さん達が行っている。

毎回キーワードが発表され、それをゲーム内で入力することでゲームないアイテムを獲得できる。

 

放送後1週間であれば無料で誰でも視聴可能なので是非ご視聴いただきたい。

(アソビストアプレミアム会員であれば、全部視聴することができる)

コメント