TEXCY LUXE(テクシーリュクス)を磨きました。靴磨きで心もスッキリ!!

スポンサーリンク

こんにちは、古川です。

以前ご紹介しましたが、革靴のテクシーリュクスが大好きで頻繁に使っています。

新社会人や就活生におすすめ!スニーカーのような履き心地のTEXCY LUXE!
本日は、私服でのスーツ着用歴7年の変人である古川が、スニーカーのような履き心地で機動性抜群のビジネスシューズ、TEXCY LUXE(以下、テクシーリュクス)をご紹介します! これを履けば疲れ知らずで頑張れるかも知れませんよ!?コーナーで差をつけろ!

(徹底的に履きつぶしているのでもうボロッボロ)

今回はこの汚れきったテクシーリュクスを靴磨き職人元陸自 陸曹長が靴磨きをし、キラッキラにしてみようと思います!

こうご期待だぁこれ!

使う道具一覧

まずは私が靴磨きで使う道具をお見せしましょう!

一覧にすると上から

・ブラシ ・戦闘靴クリーム(水性クリーム) ・kiwiパレグロプレ(油性クリーム)

・磨く用の水 ・仕上げに使う蜜蝋配合ワックス(今回は使いません) ・MMOWBRAYの無色クリーム(今回は使いません)

・細いブラシ ・汚れ取りクリーナー

です。

靴磨きの流れ

靴磨きの流れは

1、汚れ取りクリームやブラシで表面の汚れを取る

2、水性クリームで栄養(?)補給と補色をする

3、油性クリームを先端に塗り、磨き上げる

という流れです。

陸自には半長靴に「ライターでワックスを溶かし、コーティングを施す」というヤバイ手もありますが、私はこれをしません。ワンチャン靴燃えるからね。美品愛護どころの話じゃないからね。

靴の表面や細かいところの汚れ落とし

まずは汚れを落とします。

靴紐を外し、ブラシで表面をシャカシャカし、細かいところは細いブラシでやります。

また、汚れ落とし用のクリーナーを使うと、一層きれいになりますのでおすすめです。

初めに汚れを落とさないとクリームを塗ったときにその汚れも巻き込んでしまうので、しっかりと汚れ落としをしましょう。

 

水性クリームを塗る

汚れを落とし終わったら水性クリームを塗ります。

水性クリームは革に栄養と補色を与える意味で行います。栄養ってなんでしょうね。僕もよくわかりません。

水性クリームには特にこだわりはないのですが、僕は自衛隊のPX(売店)で売っている戦闘靴クリームを使っています。

滅茶苦茶量が多いし、別に品質には問題ないので自衛官時代から使っています。

それにしても全然無くならねぇwww

塗るとこんな感じで補色がされます。

本来はペネトレイトブラシという豚の毛で出来たブラシで塗ると均一に伸びて良いのですが、無くしたので今回は布で直接塗ります。

塗ったら一度ブラッシングをして余計なクリームを除き、革に馴染ませましょう。

なお、僕は先端部分は後ほど油性ワックスでガンガンぬるんでここでは塗りません。

甲とか側面を中心に塗っています。

油性ワックスを付ける前に先端を削る

ちょっと革靴の先端部分がボロボロになっていますね。

これだとうまく乗らないので、細かめのヤスリでガリガリやります。

ガリガリガリガリガリィーーーーッ!!!

で、水性クリームで補色をしてあげればご覧の通り。

割ときれいになりましたね。

あとは油性ワックスを塗りたくれば傷は埋まります!(マジキチスマイル)

先端を油性ワックスで磨く!!

水性クリームで補色を行い、先端を削った次は油性ワックスで磨き上げます!!!

使うワックスはkiwiのパレードグロスプレステージです。

油性クリームは色々使ってきましたが自分はこれが一番使いやすいです。

プレステージではない普通のパレードグロスも存在し、そちらはシリコンが入っているのでより簡単にピッカピカになるのですが、日本では正式販売されていない、個人輸入品なのでバカ高くなります。

14000円て。

マジで物売るってレベルじゃねぇぞ!!!

なので、基本的にパレードグロスって言ったら基本的には「パレードグロス プレステージ」を指します。(以下 パレグロ)

で、このワックスをこれでもかってくらいに塗ります。塗りたくります。

革は基本凸凹になっているのでそれを均一化するために滅茶苦茶塗る必要があるのです。

傷の部分は特に塗ります。傷を埋めるくらいに塗ります!

で、しばらく(15分位)放っておき、乾燥させます。

乾燥したらあとは水を一滴垂らして、円を描くように布で磨きます。

その際、布を人差し指に巻きつけるようにして平らな面をつくり、優しくなぞるようにやります。

磨く際、ごく少量のワックスを布側につけて磨くとどんどんきれいになっていきます。

これを徹底的に続けること1時間……。

結構きれいになりました!!!!

更に時間をかけたり、MOWBRAYの無色クリームで仕上げをしたりすれば、鏡のようになります。

両足でこんな感じ。

若干左は光が鈍いですが、まぁもっとやればきれいになるでしょう。

まとめ

いやぁ、久しぶりに靴磨きを真剣にやりましたが、

やっぱいいですねぇ!!

おしゃれは足元からと言われるように、靴がきれいだとシマって見えるのでとてもかっこよくなります。

定期的に靴を磨いくことによって靴の寿命も伸びるので、一石二鳥ですな!!!

コメント