シャニマス1stライブ公式ライトがついに来たぞ!!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!古川です!

もはやオタク記事というよりシャニマス特化ブログみたいになっていますが、ライブが終わるまではしばらくこのままで行こうかなと……。ライブが終わったら他のオタク系記事も書きますんで…はい。

さて、今日はようやくアイドルマスター シャイニーカラーズ1stライブの公式ペンライトが来たのでそれについて書こうと思います。よろしくおねがいします。

そもそも公式ペンライトとは?(知っている方は飛ばしてください)

まず大前提ですが、アイマスシリーズでは大きなライブの前には大体公式ペンライトが出ます。

例えばシンデレラガールズの小日向美穂ちゃんのライトとかは、全部で5種類あります。(多分)

                          (SS3Aのだけ持っていません…)

別になくてもいいのですが、一本1200円程で割と良心的な価格なのでついつい毎回買ってしまいます。

元のキンブレiliteシリーズには存在しない色もあるので、結構射幸心を煽ってくるんすよねぇ…。

アイマスにはペンライトの規制がある

あと、アイマスのライブにはペンライトの規制があります。

どのシリーズでも同じで、

①電池式はボタン電池式のライトしか駄目(キンブレX系は使えない)

②ライトの改造(ライト同士の結合等)は駄目

③ケミカル、ボタン電池、どちらも25cm未満まで

というものです。

一応今回のシャニマスのHPを引用しておきます。

なので現状アイマスのライブ現場では公式ペンライトか、キンブレilite、またはターンオンのMixPenLaのボタン電池系を人が大半です。(未だにルミエースIDOLを使っている変態も中にはいます。そうです、私です。)

御託はいい、ライトを見せろ

はい、では今回来た公式ライトの箱をお見せしましょう!

なんだこれ!オシャレ!!

アイマスのライトの箱って毎回かっこいいですが、今回のは群を抜いて精錬されていますな!

で、中身

あぁ^~たまらねぇぜ。

この所有感よ…っくぅ~!!

今回のライブではアイドル16人分ではなく、4ユニット分+1本なので少ないように思えますが、(デレマスだと10本パックが3種類あったりする)シンデレラの時もはじめは3本しかなかったので、それに比べれば多いほうかなと!

そもそもシャニマスはユニットを全面に出しているコンテンツなので5本で十分な気もします。

…? 杜野凛世ちゃんのイメージカラーの分は買いましたがなにか?(マジキチスマイル)

単体で買った時についてくるカードも付属していました。シンデレラの時はなかったので結構嬉しいですね。

実際に点灯させるとこんな感じ。いやぁ、いいっすねぇ~!

 

落下防止にもなるランヤード(?)の字体は普通のゴシック体でした。なんとなく事務作業をしている気分になり、ここは少し残念でした。(社会人の弊害)

あと、デレマスのライトは滅茶苦茶独自性があるのに比べ、今作はiliteシリーズとあまり差がなく、ちょっとそこも残念でしたね。

             (デレのライトはすんげぇこだわっている)

(iliteとほぼ一緒)

(ちなみに電池ケースにWINGマークが有る)

2nd、3rdのときにもっと良くなってもらえればそれで良い!!

むしろ初々しくて良いんじゃぁないのか!?(親ばか的思考)

iLiteと比較してみた

ちょっとiLiteと発色の比較をしてみました。

すべて新品の電池に交換しています。

ぶっちゃけあんま変わんないっすね。

プリントがあるせいで多少先端部分が暗くなりますが、そこまで変わらんと思います。

まとめ

感想としては、「1stライブのライト」って感じでした。

そこまでオリジナリティがあってこだわり抜いたデザイン!ってわけでなく、無難で必要十分な作りだったと思います。

これからもっと良くなると思うので、その変遷が今から楽しみです。

以上!

コメント