c100paをいろいろなものと比較してみた【茶番】

スポンサーリンク

c100paを使って一日たちそうですが、これやっぱ最高ですわ…。

もうこんな感じでやってます。

ベッドの上で快適に更新!眠くなったら寝る!最高じゃァないか!!!冬にはこたつで更新もいいですねぇ。夏はパラソルでカクテル飲みながら!いやぁたまんねぇわwww

デスクトップのみでは決して到達できなかった理想郷!ここに極まれり。

さて、そんな最高なchromebook c100paですが、今回はこちらをいろいろなものと比較し、さらにその素晴らしさを実感しようと思います!

模倣六法との比較

みなさんは普段出掛けるときにふと「民法における権利の濫用ってどういう規定だっけ?」と思うときや、突然拳銃で射撃された時の防護、あるいは鈍器、あるいはオシャレアイテムとして模倣六法をカバンに入れることが多いかと思います。

私も大学生時代にはよく六法を使って筋トレをしていました。

さて、そんなどんなものにも対応できる素晴らしい兵器、六法とc100paを比べてみました!

模倣六法は二重の基準論によって思想的薄型化が行われているため、比べてみてもそこまで差がないですね。

また重量に関しても、c100paが900gであるのに対して、模倣六法は3000gほどですがこちらは武器であるため、そこを考慮すると誤差の範疇でしょう。

なんです?全然違うって?

君は公正たる法律の世界に対して文句を言うのかね?よろしい、シベリアで木を数えたまえ。

御懐紙との比較

私はいつ、着物を着た美少女(例:杜野凜世ちゃん)の鼻緒を直したついでに和風喫茶でデートをしてそのまま結婚に持ち込んでも良いように、常に御懐紙を持っています。(これはマジです)

比べるとこんな感じ

ちなみに重量はお懐紙が13gでした。

これは流石にc100paでも勝てませんね!

さすがは和紙。

たかが13gをカバンに入れるだけで着物美人と突然和菓子を食べることになっても恥をかきません。

そう、お懐紙ならね。

DARTSLIVE−100sとの比較

みなさんは街を歩いていて猛烈にダーツがしたくなった時のためにDARTSLIVE100Sを持ち運ぶことがありますよね。

しかし、DARTSLIVEは重いし嵩張る!そこでc100paの出番です!

(dartsliveはデカイし重い!持ち運びには少し不便。さすがの古川も不満げな表情)

一方c100paは薄型軽量!通勤カバンに入れても全く苦になりません!!

(重量900g、厚さ1.8cmのPCでラクラク快適である。なおダーツは出来ない)

また、ダーツをする姿も、表情も変わります!

(ダーツをする古川。普通である)

(c100paでダーツをする古川。絶対に外すという確固たる意思を感じる)

まとめ chromebook c100paは最高だった!

結論ですが、

やはりc100paは様々なものと比較しても最高のデバイスであると思います!

流石に六法のような武器としての使い方や、お懐紙で凜世ちゃんとハネムーン、DARTSLIVEで楽しくダーツ!は出来ませんが、モバイルPCとしては素晴らしいでしょう!

素晴らしすぎて自分でも途中から何を書いているのかよくわかりませんが、とにかくそれくらい最高なデバイスだということです。

詳しいことは以前に書いたので、そちらもご参照ください。

それではみなさん、ご清聴ありがとうございました〜

(ちなみにこの記事は一部の画像編集以外はすべてc100paで行っています。)

コメント