【史上初!】ブラックホールの撮影に成功!その方法とは?

スポンサーリンク

先程ニュースで「人類初!ブラックホールの撮影に成功!」との記事が速報で出ておりました!

何を隠そう、私は中学時には地域の天文クラブに所属していた程の天体好き!(なお幽霊部員である)

ブラックホールの画像撮影というロマン溢れる内容に大変興味を惹かれ、

どういうことか調べてみましたので、内容をまとめ、ご紹介します!

参考記事等

史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る|ニュース - 研究成果|国立天文台(NAOJ)
イベント・ホライズン・テレスコープは、地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクトであり、ブラックホールの画像を撮影することを目標としています。2019年4月10日、研究チームは世界6か所で同時に行われた記者会見において、巨大ブラックホールとその影の存在を初めて画像で直接証明することに成功したことを発表しま...
ブラックホール撮影、初の成功 国立天文台など国際チーム

そもそもブラックホールとは?なんで撮影できない?

そもそもブラックホールとは、とても簡単に説明すると「光が脱出できないほどの、高密度、高質量の天体」を指します。

光が脱出できないので、当然真っ暗。そのため撮影が困難であった、とのことです。

ではブラックホールはなぜ存在を認知されていたか、というと、ブラックホール周辺に

「ブラックホールがないと説明できない事象がある」から、だそうです。

直接的ではなく、間接的な証拠から存在の可能性を示唆されていたんですね~

どうやって撮影したのか

光もねぇのにどうやって撮影したんだよ?ってことですが、

「背景に光があり、その中に黒い影(ブラックホールシャドウ)が見えている。周辺のデータを見ると、そこにブラックホールがあるのは間違いないから」とのことです。

金冠月食的な感じですね。

画像に関しては、こちらをご参照下さい。

まとめ

速報レベルなので、凄く足はやな記事ですが、概要としては以上です。

また後日、新たな情報とともに特集を組みたいと思います。

コメント