[ニュース]老後2000万円貯めろなんて金融庁は言っていない。1次資料を確認しよう。

スポンサーリンク

こんにちは、古川である。

さて、最近金融庁が発表した金融審査会のレポート、いわゆる2000万円レポートが問題視されている。

具体的には「年金は破綻するから2000万を貯めろと政府が言った!」と批判されている。

私事だが、私は普段から法律に深く関わる職についているため、施行規則とか国会答弁書などの一次資料を読む癖がついている。

そのため、今回のレポートについても実際にそれを確認してみた。

金融審議会「市場ワーキング・グループ」報告書の公表について:金融庁

(このページの別紙1です)

もし、「2000万貯めろと政府が酷い事を言ってる!それなら自殺を選ぶ!キーーーッ!!」と言っている方を見かけたら是非「資料読んでみましたか?」と聞いてみてもらいたい。十中八九読んでいないと返されるだろう。

実際、資料を読んでみると世に言われる批判は的を外したものであることがわかる。

まず、問題となる部分を見てほしい。

要するに、「年金だけだと月5万円くらい不足するから、単純計算で2000万円ほど必要になるよね。あくまで平均だけど」ってことだ。

「2000万円貯めろ」なんて言っていないのである。

(麻生さんの失言?そんなものは知らん。それはいつも通り失言として叩けばいいんじゃない?)

 

さらにこちらをご覧いただこう。

要するに「大体みんな平均で2000万ほど貯金してるよ!」

もう一度言おう。

2000万貯めろなんて言っていないのである。

というか、すでに平均で2000万貯めているのである。(退職金とかで結局2000万貯まる)

 

そしてオチは

 

「老後お金が必要なのは皆同じ!若いうちから金融資産形成を!」

つまり、NISAのコマーシャルだ。

以上である。

 

なにか問題があるだろうか。

いや無い。

みんな1次資料をしっかりと確認しよう。

コメント