[料理]炒飯の道のりは長く、そして険しい。[炒飯をパラパラにする方法]

スポンサーリンク

ごきげんよう、古川だ。

私は数年前から料理を趣味にしているが、その中でも特に「本格インドカレー」、「たこやき」、そして「炒飯」の三種類を極めんと欲している。

インドカレーとたこやきは事前準備や材料、設備が重要であるが、炒飯は別だ。

炒飯に関しては「手軽に、すばやく、美味く作るか」を最大目標としている。

具材は冷蔵庫にあるもので済ませ、使う設備も家庭用ガスコンロに普通のフライパンを使用する。

 

今回は古川流、「超簡単!超パラパラな中華料理屋風チャーハン」の作り方をご報告しよう。

大前提 今家にあるもので作る。

基本的に炒飯は「できるだけ簡単に」をモットーとしている。

今日のご飯どうしよう → 朝炊いたご飯余ってるし、炒飯にでもするか。

くらいのノリで作るため、「中華料理で使われる5香粉を使い、コメの炊き方は水を少なめに…」などとは言わない。

今、現状で、どれだけ美味く炒飯が作れるかを競う。

それがエクストリームスポーツ「チャーハン」である。

材料 神器香味ペースト。

ご飯お茶碗2杯分(大体400gくらい)を作る。

卵2個、長ネギ半分、ハム適当、かにかまぼこ(冷蔵庫にあれば)、

味付けに塩コショウと香味ペースト

である。

香味ペーストさえあれば全てうまくいくので、必ず冷蔵庫に備蓄しておこう。

炒飯はパラパラが命。パラパラこそ至高。それ以外は認めない。

私は炒飯パラパラ教過激派である。

炒飯はパラパラであればあるほどよい。

そして、炒飯をパラパラにさせる上で最も大事なことは、火力と卵である。

それを念頭においてほしい。

さて、パラパラ具合はコメの種類や水の量で大きく変わってくるが、先述した通り、今回はいかに簡単に作るかが最重要であるため、今炊飯器にあるご飯や冷凍した物で構わない。

作り方

では実際に作り方から見ていこう。

まずは下準備だ。

長ネギ半分をみじん切りに、ハムとカニカマを適当に切る。

長ネギをみじん切りにする際は、縦に切り込みを入れてから切ると簡単に角ばったみじん切りにできる。

また斜めに切込みを入れて切るとより細く細かく切ることができる。

好みの問題ね。

秒速で長ネギのみじん切りができる裏ワザ! | クックパッド
クックパットニュースで人気の裏ワザです。「目からウロコ」や「へぇー」と思う裏ワザを紹介します。

これで材料の準備は完了。

ネギとハムを炒める

切り終わったら、

フライパンに油を少し多めに入れて、ネギとハムを炒める。

火加減は中火だ。

ご飯と卵を混ぜる

ネギを炒めている間に、丼などにご飯と卵を入れて程よく混ぜる。この工程が一番重要である。

かき混ぜすぎるとご飯が潰れて粘りが出てパラパラの阻害となるので、適度にまんべんなく行う。

卵とご飯を混ぜることで、お米に卵のコーティングが施され、簡単にパラパラ感が生まれるのだ。

ご飯を炒める。今だ!香味ペーストをぶち込め!!

ネギがしんなりしてきたらご飯とハムをフライパンに投入する。

火加減は強火。

先述したが、炒飯をパラパラにさせる上で火力は重要だ。

一気に火を通すことでご飯と卵を硬化させパラパラにさせる。

料理屋に比べて家庭のガスコロンは火力が少ないが、それを補うために

ご飯をフライパン全体に平らになるようにのせ、火を通りやすくさせる。

ご飯がダマになっているところは、しゃもじでほぐす。

ある程度炒めているとパラパラになってくるので、フライパンを振ってコメ全体を炒めるようにする。

ここで香味ペーストを8cmほどブチ込む!!!

香味ペーストさえあれば全てうまくいく。

そのうち万病に効くようになるだろう。

香味ペーストを入れて味が全体に馴染むように混ぜたら、後は適当に塩コショウで味を調整する。

追い香味ペーストをしてもよいだろう。

香味ペーストさえあれば全てうまくいくからだ。

香味ペーストを讃えよ、褒めよ。

カニカマを入れる

全体がパラパラになり、神器香味ペーストによって味が整ったら最後にカニカマを投入する。

カニカマを最後に入れるのは、風味を残すためだ。

カニカマを入れて全体に混ぜたら完成である。

これぞ暫定古川流チャーハンである。

そうして出来上がったものがこれだ。

どうだろう。

家庭でも簡単にパラパラにさせることは可能なのだ!!

是非皆さんも炒飯パラパラ道を極めてもらいたい。

 

また、私はまだまだ炒飯道を歩み始めたばかりであり、これからどんどんと改良していきたいと思っている。

新たな技を発見し、習得できたらまたご報告させていただきたい。

古川の戦いはこれからだ!

おまけ 好きな炒飯動画

最後に私が参考にしている炒飯動画を載せておく。

「パラパラ炒飯」作り方

Youtubeには炒飯動画が沢山あるが、マジで炒飯道は過激派が多いため荒れる傾向にある。憂慮すべきことだと思う。

コメント